10.スマートフォン(スマホ)ユーザがあなたのサイトを検索するときの心理

スマ―スマートフォン(スマホ)で検索するとき、ユーザーはどのようなことを考えて検索するのでしょうか。

「自分の現在地」周辺をキーワードに入れて検索する

スマホで検索する場合は、PCで調べる時よりもスグに情報が欲しい時が多いため、その検索方法も「自分の現在地」周辺をキーワードに入れて検索する可能性が高いとのデータがあります。

PCであれば画面サイズもスマホより大きいため、広告欄も含めて3〜5件はスクロールしなくても表示されると思いますが、 画面の小さいスマートフォンでは、画面そのものが短いため、検索エンジンでキーワードを検索した後のファーストビュー(一番最初に見えている画面)がほぼ最初の1~3件のリスティング広告で埋め尽くされます。

そういった現状の中、スマホで「自分の現在地」+「ランチ」+「カフェ」などというキーワードで検索した際、検索画面の一番上に魅力的なキャッチコピーとサイト紹介文があれば、高い確率でそのページをクリックすることになります。

リスティング広告をクリックしてアクセスしてきた自店のスマートフォン(スマホ)サイトが目的に繋がるページ作りになっていれば、問合わせや来店率は高くなります。

11.具体的な広告出稿におけるポイント

御見積・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

ページの上部へ

Copyright (C) Entrepreneur.Inc All Rights Reserved.