利用規約

利用規約

私(以下、甲とする)は、株式会社アントレプレナー(以下、乙とする)とクラウドCMSサービス「smarty」の利用について、下記の通り契約(以下、本契約とする)を締結する。

第1条(権利の許諾)

乙は、原権利者が考案し提供するクラウドCMSサービス(以下、本サービスとする)を使用し再実施許諾する権利を有しており、甲に対して、本サービスを日本国内において非独占的に使用する権利を許諾する。

第2条(契約の申込み及び成立)

  1. 本契約の申込みは、甲が、本契約の全てに同意した上で、ユーザー情報を登録し乙所定の方法で申し込むことによってなされるものとする。
  2. 本契約は、甲が、乙に対して、前項に規定する方法によりサービス利用の申込みをし、乙が、甲の申込みに対して承諾した場合に成立する。
    ただし、乙は、甲が申込みにあたって事実に反する内容を申告したとき、その他乙が不適当と判断したときは、甲の申込みを承諾せず、または一旦行った承諾を撤回することがある。

第3条(アカウント、パスワードの取扱い)

  1. 甲は、乙が付与するアカウント、パスワードを適切に管理する責任を負うものとし、本契約に定める範囲を超えてアカウント及びパスワードを使用してはならない。
  2. アカウントおよびパスワードは、その保持者以外のいかなる人への貸与・譲渡もこれを認めないものとする。
    またアカウント・パスワードの貸与・譲渡により甲が損害を被った場合でも乙は一切の責任を負わないものとする。

第4条(権利譲渡の禁止)

甲は、本契約に基づいて本サービスを利用する権利の全部または一部を第三者に譲渡、貸与、及び担保提供することはできない。

第5条(届出事項の変更)

甲は、登録されたユーザー情報に変更が生じた場合、速やかに乙所定の方法により乙に対して当該変更の内容を通知するものとする。

第6条(レンタルサーバー)

  1. 乙は、甲に対し、本サービスの提供に付随して、乙が提供するレンタルサーバーを利用させるものとする。
  2. 甲は、レンタルサーバーの利用にあたっては、乙の定めるレンタルサーバー利用約款に従うものとする。

第7条(本サービスの利用料)

甲は、乙に対し、本サービスの対価として、別途乙が定める利用料を、これにかかる消費税相当額と合わせて、甲乙が別途合意する支払期日に、乙指定の方法により支払うものとする。支払いに係る手数料等は甲の負担とする。
なお、乙が定める無料トライアル期間においては、利用料は発生しないものとする。

第8条(遅延損害金)

甲は、本サービスの利用料その他の乙に対する債務について、支払期日を経過してもなお支払いがなされない場合には、支払期日の翌日から支払日までの日数について年14.6%の割合による遅延損害金を乙に対して支払うものとする。

第9条(設備等の設置)

  1. 甲は、本サービスを利用するにあたって、自らの費用で必要な機器、ソフトウェア、通信回線等の設備を適切に設置するものとする。
  2. 甲は、自己の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染防止、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等にかかるセキュリティ対策を講じるものとする。

第10条(禁止行為)

甲は、本サービスの利用にあたり、次の各号に該当する行為をしないものとする。

  1. 乙もしくは他者の財産、権利(著作権等の知的財産権、肖像権等)、名誉又はプライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
  2. 詐欺、規制薬物の使用、売買春、預貯金口座の不正な売買等の犯罪に及んだり、これらを教唆・幇助する行為、またはこれらに結びつくおそれのある行為
  3. わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待その他若年者にとって有害であると判断される画像、テキストデータ等を表示、送信、販売する行為、またはこれらを想起させる広告を表示させる行為
  4. 性行為、わいせつな行為、不特定の異性との出会い等を目的として利用する行為
  5. 違法な賭博、ギャンブルを行わせ、または賭博、ギャンブルへの参加を勧誘する行為
  6. 人の殺害・傷害現場、死体その他残虐な行為やグロテスクな場面等を撮影した画像データ等を表示させる行為
  7. ネズミ講、マルチ商法、チェーンメール等の他人を勧誘する行為、または勧誘する内容を表示させる行為
  8. 甲がアップロードした画像・テキストデータ等の情報にスクリプト等を埋め込む行為
  9. 本サービスのサーバープログラムの改変、リバースエンジニアリング、解析等の行為
  10. 本サービスのサーバー等への不正アクセス、不正な情報の書き換え、コンピューター・ウィルス等の有害なプログラムの送信等の行為
  11. 他のユーザーのアカウント、パスワードを不正に取得、または利用する行為
  12. 乙または他者のサーバーに負担をかける行為、もしくは本サービスの運営やネットワークシステムに支障を与える行為、またはこれらのおそれのある行為
  13. 他のユーザーまたは第三者を誹謗中傷する行為、または名誉毀損・権利侵害する行為
  14. 法令、公序良俗または本利用規約等に違反する行為、または違反するおそれのある行為
  15. その他当社が不適切と判断する行為

第11条(本サービスの中断)

乙は、次の各号に該当する場合には本サービスの提供を中断することができる。
本条に基づいて本サービスの提供を中断するときは事前にその旨を乙のウェブサイトにて通知するものとする。
ただし緊急の場合には、この限りではない。

  1. 本サービス用設備の定期的または緊急の保守・点検を行う場合
  2. 地震、火災、停電等の非常事態により本サービスの提供が行えなくなった場合
  3. コンピューターシステムの不具合、第三者からの不正アクセス、コンピューターウィルスの感染等により本サービスの提供が行えなくなった場合
  4. その他運営上中断が必要と判断した場合

第12条(サービスの変更、追加または廃止)

  1. 乙は、原権利者から実施を許諾されるサービス内容の変更及びその他の事情により、本サービスの全部もしくは一部を変更、追加または廃止することができるものとする。
  2. 本サービスの全部もしくは一部の変更、追加または廃止によって甲に生じた損害につき、乙は何ら責任を負わないものとする。

第13条(知的財産権等)

甲は乙に対し、本サービスの提供に際し、第1条に定める権利の許諾を除き、著作権等の知的財産権、所有権その他一切の権利を付与しない。
乙が甲に対して提供する本サービスにおける素材等に関する著作権は、原権利者又は乙に帰属し、甲は、本サービス内に限り、使用することができるものとし、複製して独立のデジタル素材として利用してはならないものとする。

第14条(解約)

  1. 甲は、乙が定める方法によって解約届出を乙に提出することにより、本契約を解約することができる。
    この場合、解約日は、乙が解約の確認をした日の属する月の末日とする。
  2. 乙は、甲に対して1か月前までに書面にて通知することにより、本契約を解約することができる。

第15条(即時解約)

  1. 乙は、甲が次の各号のいずれかに該当した場合、何ら通知催告を要さずに直ちに本サービスの提供を中断し、または本契約を解約することができる。
    1. 差押、仮差押、仮処分または滞納処分を受けたとき。
    2. 破産、民事再生、特別清算、会社更生、特定調停その他倒産手続の申立てをし、または申立てを受けたとき。
    3. 解散または営業の全部もしくは重要な一部を第三者に譲渡しようとしたとき。
    4. 本契約に基づく債務を履行せず、相当の期間を定めて催告したにもかかわらず、なお履行しないとき。
    5. 本契約のいずれかの規定に違反したとき。
  2. 甲が前項各号に定める解約事由に該当したときは、当然に期限の利益を失い、本契約に基づいて乙に対して負担する一切の債務を直ちに支払う。

第16条(免責事項)

  1. 乙は、以下の事由により甲又は他のユーザーに生じた損害については賠償の責任を負わないものとする。
    1. 本サービスにおいて甲及び他のユーザーまたは第三者との間で生じたトラブル、紛争
    2. コンピューターシステムの障害等による電子メールの遅配、サイト上の誤表示、データの消失等
    3. 本サービスの内容の変更、提供の中断、停止、廃止
    4. 第三者による不正アクセス、コンピュータウイルス感染等
    5. 閲覧者数及び利用者数増加に伴う本サービスのパフォーマンスの低下
  2. 乙は、甲が本サービスを通じて行った第三者との取引については一切関与しないものとする。
  3. 乙は、甲が他のユーザーまたは第三者による誹謗中傷などの反道徳的な言動を受けたり、知的財産権等の権利侵害があったりした場合でも、一切責任を負わないものとする。

第17条(紛争解決)

本サービスの利用に関し、第三者から乙に対して何らかの請求がなされるか又は訴訟提起される等の紛争が生じた場合、甲は自らの責任と費用負担で当該紛争を解決するものとし、乙には一切迷惑をかけないものとする。

第18条(損害賠償)

  1. 甲及び乙は、本契約に定める義務に違反することによって相手方に損害を与えた場合、相手方に対し、その損害を賠償する義務を負うものとする。
  2. 乙が、本契約に定める義務に違反することによって甲に損害を与えた場合、その賠償責任は本サービスの利用料の1年分を限度とする。

第19条(誠実協議)

本契約に定めのない事項については、甲乙誠実に協議した上で定めるものとする。

第20条(管轄裁判所)

本契約に関して甲乙間に生じた紛争については、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

以上

御見積・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

ページの上部へ

Copyright (C) Entrepreneur.Inc All Rights Reserved.